2019.02.04

本年度アカデミー賞にノミネートされた技術チームが描き出す!これがただの訓練!?当時の技術力の低さと現実に唖然…!命懸けの訓練の様子が映し出された本編映像到着!

2493_d016_00120r_grd

この度、ライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングが命懸けで月面着陸の訓練に励む本編映像が到着いたしました!

今回到着したのは、ライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングが、月面に着陸するための機体“月着陸船”を使って、着地の訓練を行う様子が描かれた本編映像。月面着陸訓練機(LLTV)に乗り込み、空中に打ち上がったニールは、ある一定の高さまで浮上すると“月モード”にシフトチェンジ。そのまま着陸態勢に入り、降下を試みるが、機械トラブルのせいで操作の制御が効かず、機体は急降下!命の危険を察したニールは脱出パラシュートを起動させ、地面に体を打ち付けながらもギリギリのところで生還する。身体がむき出しになっているうえに、お世辞にも精巧とはいえない陳腐な機体からは、拙い技術のなか、ただの訓練とはいえ、命懸けで挑戦するしかなかった当時の月面着陸計画の過酷な裏側を垣間見ることができる。本年度のアカデミー賞にノミネートされた本作の技術チームが史実を忠実に描いた、まさか現実に起きていたと思えない唖然とする訓練の様子に目を疑わずにはいられません。

2493_d030_00172_grd

また実在したニール・アームストロング本人は、月面着陸を成功させるためなら実験的なトレーニングも常に恐れない姿勢を持っており、“LLTVのシミュレーションを行うLMシミュレーターでトレーニングをした際に、機体の調子が悪かったことを利用して、わざと機体にトラブルを起こし、墜落させ、そのような最中でミッションコントロールセンターがどのように対応するかという逆テストを行った”という逸話も残されています。

本年度のアカデミー賞で美術賞にノミネートされているプロダクション・デザイン担当のネイサン・クロウリーは本映像で登場する月面着陸訓練機(LLTV)について「これは現代では決して使用しないマシンだ。月着陸船を着地させるのが自分の役目だと知ったニールにとって、唯一の訓練方法はこの装置に乗ることだった。そして訓練中に事故が起こり、彼はクラッシュ寸前で何とか脱出した。そんな目に遭いながらも、ニールは何度もトライするんだ。他に訓練方法がなかったからね」と説明。そして、ニールをより理解して演じるため実験的なトレーニングも果敢に挑戦したというライアンは「トレーニングのある段階で、航空機を失速状態にするように指示されて戸惑ったよ。あれは恐ろしい挑戦だった。そのとき何故ニールが世界有数のパイロットで、自分はそうでないかを痛感した。ほかの宇宙飛行士たちと同様、ニールもテストパイロットからキャリアをスタートさせた。今までで一度も空を飛んだことがない航空機に乗り込み、航空技術の発展のために限界点まで飛行させて欠陥を見つけるなんて、そんなことができるのは本当に限られた人間だけだよ」と、本映像で描かれるように命を懸けた実験にも挑戦し続けたニールに賛辞のコメントを寄せています。

2493_fpt4_00012r_grd_crop-1

命を懸けて月面着陸計画に挑戦し続けたニール・アームストロングをはじめとする宇宙飛行士たちの姿が、アカデミー賞ノミネートの技術チームと最新技術によって、50年の時を超えリアリティたっぷりにスクリーンに蘇る本作に是非ご注目ください!