2019.02.18

「宇宙飛行士たちの勇気に胸を打たれるはずだ」 映画史ではじめて“人類が月に立つ”物語を描く本作に、 チャゼル監督やライアンらが熱き想いを込める特別映像到着!!!

2493_d044_00212_grd

この度、デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、クレア・フォイが
映画史で、はじめて“人類が月に立つ”物語を描く本作の魅力について語る特別映像が到着しました!

主人公のニール・アームストロングを演じたライアン・ゴズリングが「人類が月に立つ物語が映画になったのは初めてだそうだ」と明かすように、有名な歴史的出来事にもかかわらず、初めて実話映画として実写化された本作。監督を務めたデイミアン・チャゼルが「月面着陸の詳細は意外なことにあまり知られていない」と語るように、本作では華やかに見えたアポロ計画の裏に存在する壮絶なミッションの様子や犠牲の数々を、アポロ11号の船長を務めたニール・アームストロングの目線でリアルに描き出している。そんな本作について、ニールの妻ジャネットを演じたクレア・フォイも「観客はニールと共に目標達成を目指すのよ」と、あたかも自分も歴史的瞬間に立ち会っているかのような本作の没入感についてコメントを寄せている。

2493_fpt4_00012r_grd_crop

史実に忠実な映像を収めるために、当時の関係者やニールの家族に会い、様々な話を聞き、徹底的にリサーチを重ねたという面々。ライアンは「危険性が非常に高い任務だった。弾道ミサイルに人が乗るような感じさ。今じゃ考えられない」と、当時の出来事に衝撃を受けたことを明かしており、チャゼルも「宇宙飛行士が肌で感じたことを伝えたい。宇宙飛行士たちの勇気に胸を打たれるはずだ」と本作に込めた熱い想いを訴えている。映像内では、訓練中に事故に見舞われ大やけどを負い、宇宙空間でトラブルに巻き込まれ命の危険にさらされる宇宙飛行士たちの命懸けの姿が緊張感たっぷりに映し出されており、チャゼルやライアンがリアルを追及したという本作の仕上がりにますます期待が高まること間違いなし!

デイミアン・チャゼル監督×ライアン・ゴズリングの黄金タッグが、人類史上最も危険なミッション、“月面着陸”を映画史で初めて実写化!
その圧倒的な宇宙体験を、是非とも劇場の大きなスクリーンで体感して下さい!